top of page
源氏五十四帖 第54帖 夢の浮橋

源氏五十四帖 第54帖 夢の浮橋

源氏物語五十四帖は、源氏の一生と、その子薫君の生涯にまたがって書かれた最古の長篇小説です。


薫君は、比叡山に登って仏などを供養しました。その翌日、横川に僧都をお尋ねし詳しく宇治で助けた女の話を伺うとそれは浮舟でした。

薫君は、僧都に手紙を請って浮舟の弟の小君に自分の手紙と一緒にお持ち下さる許しを頂きました。そして薫君は横川から坂本に下り尼君たちの住む小野の里を通って都の自邸へ戻りました。
薫君は、小君を呼び尋ねました。「世間では姉の浮舟は死んだと言われているよ。」小君はこう応えました。「実は尼になって生きているよ。母の中将の君に知らせると驚いて騒ぐので話してはならないよ。薫君、君が密かに行って姉君に会って来るように。」と言うと、小君はうれし涙を流して喜びました。
尼君の所には、僧都から薫君の使者として小君が訪れるという手紙が来たので、何事だろうと驚きました。
小君は、僧都の添書と薫君の手紙を持って小野の庵室を訪れました。小君は一刻も早く姉君に会いたいと思い、浮舟も小君に会って母やその他の人々の消息も聞きたいと思うものの、余りに変り果てた姿を見せることも恥ずかしくためらっていました。

小君は薫君の手紙をさし出して返事を催促したけれど、その手紙には、「あなたにぜひもう一度お目にかかり、空白の期間を埋めるような夢のような過去の物語を話したい。」と言った旨が書かれてありました。それを読んだ浮舟はさすがにうち伏して泣く有様です。しかし、ハタと気を取り直し「昔のことは夢のようで記憶にも残っていません。この手紙は持ってお帰りなさい。宛名違いでしょうから。」などと小君に伝言して、君への返事も書かず、むなしく小君を帰してしまいました。

 

源氏五十四帖

海老名正夫原画

製作32年

技法 木版画

サイズ 33×23.5

マットサイズ

額装サイズ

    ¥4,400価格
    料金オプション
    第54帖 夢の浮橋
    サブスクリプション
    ¥4,400キャンセルまで、毎月
    bottom of page