top of page
源氏五十四帖 第10帖 桐壺

源氏五十四帖 第10帖 桐壺

源氏物語五十四帖は、源氏の一生と、その子薫君の生涯にまたがって書かれた最古の長篇小説です。


時代は不明であるが、桐壷帝の御代、桐壷更衣という優れた女性があった。帝の寵愛が常軌を逸したほどであったので、帝の第一妃弘徽殿女御をはじめ、あまたの女官たちの恨みを買い、その迫害に耐えかねて、源氏が三才の秋、更衣は、あわれにもはかない生涯を閉じた。帝の悲獄はもちろん、更衣の母北の方のなげきも言語に絶した。そうした悲しみの中で、源氏は母の愛を受けることなく成育したが、母を慕い求める心は、後にいろいろな女性と関係する素因となった。
源氏七才の時、読書始めの式が盛大に行なわれたが、その頃、高麗から渡来した人相見が、源氏の人相を見て、この人には、将来天位に即く相がある。しかし、そうなると国が乱れると言ったので、帝は源氏を臣下にし、源氏の姓を賜うた。
永年、亡き桐壷更衣を慕って悲しんでおられた桐壷帝にも春がやって来た。桐壷更衣に生き写しの藤壷が女御として宮中に参入したからである。帝の喜びはこの上もなかった。
源氏は成長するにつれ、学芸も上達し、容貌も輝き渡る美しさだったので、世間では光君と呼び、藤壷をも輝く日の宮といって、並び称する有様であった。そうなると、弘徽殿女御は、再び嫉妬の炎をもやし、二人を目の仇にした。
源氏が十二才の時、左大臣の娘 葵 上と結婚して、批麗な二条院に住むことになった。しかし源氏は、藤壷が亡き母に似ているというので、藤壷を恋い慕い、葵上とでなく、藤壷と共に、この美魔な邸宅に住みたく思った。

 

源氏五十四帖

海老名正夫原画

製作32年

技法 木版画

サイズ 33×23.5

マットサイズ

額装サイズ

    ¥4,400価格
    料金オプション
    第10帖 桐壺
    サブスクリプション
    ¥4,400キャンセルまで、毎月
    bottom of page